カミソリや電気シェーバーを使って脱毛をしていると、何度も肌を擦ってしまうため肌にダメージが蓄積してしまいます。

1週間に1回程度軽く剃るくらいでも、ダメージが徐々に蓄積していって、乾燥肌などの肌トラブルの原因になります。自己流ではない脱毛方法には、エステサロンなどで行われている光(フラッシュ)脱毛と医療機関で行われているレーザー脱毛があります。光脱毛は医療機関ではないところでも扱えますが、レーザーは医療機関でしか扱うことができません。レーザーはすべてが同じ波長の波ですが、光はバラバラの波長の波です。また、レーザーはまっすぐに進みますが、光はバラバラの方向に進みます。

なぜレーザーや光で毛を処理できるかというと、黒いもの、つまり毛に吸収されて熱になるからです。毛の周囲にある細胞を破壊することで、毛が生えてこないようにすることができます。レーザーと光を比べたとき、レーザーは同じ波長のものが集中して進むのでそれだけ黒いものに与える熱エネルギーが大きくなります。なのでレーザーは光に比べて効率よく毛をなくすことができます。

毛の細胞を破壊するのは医療行為とみなされているので、医療機関以外ではレーザーは使えません。光は毛の細胞を破壊するというのではなく、やんわりと攻撃するくらいのダメージです。光の場合は効果を強めようとすると光の強さを強めるしか方法がないので、肌などの毛以外の細胞にまでダメージを与えてしまいます。なので、レーザーのほうが光よりも肌を傷めることなく処理ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *