カプセルコーヒーのメリットとデメリット

「とても手軽」と最近話題のカプセルコーヒー。

低価格化も進んで、手軽に楽しめるようになりました。では、どんなメリットがあるのでしょうか。コーヒーは焙煎し終わったばかりに挽いて、ドリップで淹れるのが最も美味しいですよね。インスタントコーヒーは空気に触れる時間が長いため、豆が酸化して味が落ちてしまうのです。良いコーヒー豆の保存方法に「冷暗所に密封して保存」というものがあります。しかし、カプセルコーヒーはひとつひとつ個包装のため酸化の心配はいりません。

飲みたい時にすぐ飲めるのも大きな魅力です。この「カプセル」にメーカーはこだわっていて、多層構造で光や酸素、空気からの影響を最小限にするよう研究が積み重ねられて来ました。また、一杯平均59円程度と豆を買って淹れるよりも経済的です。では、どんなデメリットがあるのでしょうか。まず、エスプレッソ型の抽出を行うために多少騒音が発生する点です。これはカプセルコーヒー抽出機の構造に原因があります。豆の粉が入ったカプセルに穴を開け、圧力をかけて抽出するのです。

加圧時にポンプとモーターが駆動するため、本格的なエスプレッソマシン程では無いにせよある程度の音は覚悟しなければなりません。また、カプセルコーヒーには致命的な欠点があります。それは「ミルクカプセルが美味しくない」ということ。何をどう頑張っても本物の牛乳には勝りません。つまり、美味しいミルクコーヒーを飲みたい時は別途牛乳を温める必要があります。こんなデメリットを考えても、やはりカプセルコーヒーのおいしさと手軽さは魅力的です。また、選べる味の多彩さも大きな利点と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *