レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いとは

近年では様々なコーヒーショップが全国に展開されていますし、コーヒーメーカーなども進化していますので自宅でもコーヒーが楽しめるようになってきています。

しかしよほどのコーヒー通でもない限り、レギュラーコーヒーとインスタントのコーヒーの区別がついているとは言えない状況とも言えます。これはコーヒーと言うものが身近な存在になった事の弊害とも言えるもので、多くの方は両者の明確な違いが分かっていないと言えます。

まずインスタントのコーヒーですが、こちらは挽いた豆から抽出した液を一旦乾燥させその後で粉末状にした物を指しています。この粉末をお湯に溶かして飲むので、簡単にコーヒーを飲む事が可能になっています。一方、レギュラーコーヒーとは挽いた豆から抽出した液をそのまま飲みます。その分芳醇な香りや深い味わいを楽しむ事ができ、手間はかかるものの本格的なコーヒーを楽しむ事ができるようになっています。

基本的には豆を挽いて作る点は同じなのですが、乾燥と言う工程が入っている点が大きな違いになっています。乾燥させると言う事は、豆本来の香りや味を損なう事になります。なので風味などがなくなってしまい、コーヒー好きな方にとっては物足りない味になっています。しかしレギュラーコーヒーは生の豆を挽いてその場で抽出しますので、豆本来の高い香りや深い味を楽しむ事が可能になっています。なおレギュラーコーヒーの中にはインスタントに近いものがあり、その場合は挽いた豆が入った小分けの物にお湯を注いで作るようになっています。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *