レギュラーコーヒーの淹れ方と焙煎の具合

インスタントと違って自身で挽き豆から淹れるのがレギュラーコーヒーです。

一括りにレギュラーコーヒーと言っても、淹れ方や豆の焙煎の具合によって味が大きく違ってきます。一般的なのはコーヒーメーカーと呼ばれるものを用いて淹れる方法でしょう。機械にフィルターと豆をセットして手軽に淹れられる方法です。機械であるが故に、味も比較的に均一になりやすく、淹れている間も他の作業が出来るので、非常に効率的です。

もし、淹れ方に拘りがあるのであれば、ドリッパーや、(まとめ、個別包装関係なく)既にドリップパックとして販売されているものを淹れるのがいいでしょう。自身の手で淹れるということもあって、自身の好みの淹れかたで、自身の好みの味に仕上げることが可能です。次に豆について説明しましょう。豆に拘りがある方は、まず産地に目を付けるのかもしれませんが、今回は焙煎の具合について触れます。

豆は焙煎の具合によって、産地の違い以上の味の違いを創り出せます。一般的に販売されている挽き豆は多くが中間あたりではないでしょうか。それ故に香りや味の両方のバランスがとれているのですが、同時に酸味もそこそこの強さをもっているのです。コーヒーの酸味を嫌う人は結構多いのですが、その場合はどうすればいいのでしょうか。簡単な話です、深く焙煎された豆を選びましょう。焙煎の深いコーヒーは味も深い上に、香りを犠牲に酸味が抑えられています。今までインスタントしか飲んでいなかった方も手間を惜しまずに、レギュラーコーヒーの世界に足を踏み込んでみてはいかがでしょうか。インスタントにはない新しい発見が、レギュラーコーヒーには沢山あるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *