カフェインレスコーヒーの人気について

カフェインレスコーヒーはディカフェ、カフェインレス、カフェインフリーとも呼ばれ、コーヒーからカフェインを取り除いたものです。

最近では、豆、抽出液、インスタントコーヒーなど様々な種類でカフェインレスコーヒーが出てくるほど人気で、世界のコーヒー市場の約10%を占めています。その人気の背景には、日本人が昔から飲んでいたお茶に代わってコーヒー文化が根付いてきたことにあります。ところで、カフェインとは何かというと、アルカロイドの1種で、興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつです。

そのため、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を持っています。簡単に言えば、心を落ち着かせて、リフレッシュ効果があります。精神を刺激するために、眠くならず、仕事や家事の合間に飲むと、気分を変える事ができます。一方で、あまりに沢山飲みすぎると、健康に害を及ぼしたり、また、就寝前に飲むと眠れなくなったりします。それらを避けるために、カフェインレスコーヒーが受けています。

ちなみに、カフェインはコーヒーつまり、カフェからとったのでカフェインという名前が付けられました。それほどコーヒーとつながりや関係が多い物質です。カフェインの抽出方法は、精製した生豆からカフェインを除いて抽出しています。具体的には、生豆を有機溶媒や水、超臨界流体化した二酸化炭素などの溶媒に浸してカフェインだけを選択的に抽出しています。抽出されたカフェインは精製して医薬・工業用途に使われています。しかし、カフェインレス・コーヒーはその製造過程でカフェイン以外の成分の損失がどうしても避けられないため、味や香りの点で普通のコーヒーよりも劣ります。そのため、もともとはコーヒー好きが健康のためにカフェイン摂取を避けたいときや夜眠れなくなるようなことがないなど、安心して楽しみながら飲むことが多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *