コーヒーカップとティーカップの簡単な見分け方

コーヒーカップとティーカップは見た目がとてもよく似ています。

そのため間違えてティーカップを使ってコーヒーを入れてしまったり、逆に紅茶を入れる際にコーヒーカップを使ってしまったという人も少なくありません。しかし、それぞれのカップにはハッキリとした特徴があります。それらの特徴を覚えておくことで、簡単に用途を見分けることができます。コーヒーカップとティーカップを見分けるポイントは複数あります。カップの厚さ、背の高さ、そして底の形です。またソーサーに特徴がある場合もあります。

まずカップの厚さですが、紅茶専用のティーカップは基本的に薄く作られています。逆にある程度の厚みがあるものはコーヒー用のカップとなります。このカップの厚みはとても分かりやすいポイントです。厚さが中間ほどのカップもあり、それは紅茶とコーヒー、どちらにも使える兼用タイプのカップとなります。次に背の高さでの見分け方です。コーヒーカップは紅茶用よりも背が高く作られています。

つまり底が浅いカップは紅茶用、高さがあればコーヒー用だと考えることができます。カップの底の形は大きなポイントです。紅茶用に比べて、コーヒー専用のカップは底に向かって丸く角度がついています。卵の殻のような形をしているカップはコーヒー用と見てまず間違いありません。兼用タイプや紅茶用のカップの場合、寸胴に近い形をしています。またソーサーにも特徴があります。コーヒーカップにつけるソーサーは、内側に向かってすこし角度がついています。これも見分けるためのポイントとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *