コーヒーグッズはドリッパー選びにこだわろう

自宅でコーヒーを淹れる際のコーヒーグッズを紹介します。

ペーパードリップで入れる方がほとんどだと思いますが、その際に必要なコーヒーグッズがドリッパーです。そのドリッパーには、いろいろな種類があることをご存知でしょうか。まずは形ですが、台形(扇形)と円すい形の2つがスタンダードです。円すい形はお湯の流れが円すいの頂点に向かって集中するため、味や香りを豊かに引き出せます。ペーパーフィルターは、台形用の方が入手が簡単です。たいていのスーパーやコンビニで手に入ります。円すい形用は、品揃えが多めのスーパーであれば置いてあることが多いですが、台形用に比べてやや割高です。

台形用を切ったり折ったりして円すい形に使うこともできますが、分厚くなってしまうため味に違いが出てきます。材質は、陶器製のものが多めですが、樹脂やガラス、セラミック、銅製のものもあります。大きさは、2~4杯分のレギュラーサイズに加えて、1杯用の小さいもの、大人数用のものなど用途に応じて選べます。抽出したコーヒーが落ちる穴の数は、1つ穴か3つ穴がスタンダードです。1つ穴は、お湯がコーヒーに触れている時間が長いので、しっかりとした味に仕上がります。逆に3つ穴は雑味がでる前に抽出できるので、すっきりとした味が特徴です。ドリッパーの内側には、リブとよばれる凸凹のみぞがついています。

リブはペーパーとドリッパーの間に空間を作るので、渦巻き状や直線状などの形状と高さが、お湯を落とす速度に関係してくるのです。変わりどころでは、ペーパーフィルターが必要ないものもあります。ユニークなデザインのドリッパーもありますが、中には専用のペーパーフィルターが必要なものもあるため注意が必要です。コーヒー好きな方にとっては、こうしたコーヒーグッズにこだわるのは楽しいですよね。ぜひお気に入りのドリッパーを見つけて、楽しいコーヒーライフをエンジョイしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *