ヘリによる送迎で時間短縮

技術の発展によって移動にかかる時間はどんどん短くなっています。リニアが開通した暁には東京名護屋間がわずか40分で結ばれるというこれまでの移動時間が大幅に短縮されることになっています。それに伴い人の動きも高速化して、移動に使う時間をできるだけ短縮しようという動きが起きています。時間短縮が進む中で注目を集めているのがヘリによる送迎です。

空を飛ぶというのは今のところ移動手段としては最速となります。飛行機だと空港でなければ発着陸ができませんが、ヘリであればたとえば小学校の運動場くらいの広さがあれば離着陸が可能です。ヘリをタクシーなどと同じように送迎に使えるようになれば、移動時間の大幅な短縮が見込めます。空には障害物となるものもないので目的地まで一直線に向かうことができます。

車での移動のように渋滞することもありませんし、車同士の衝突のような事故も起こりません。比較的安全に目的地に行くことができます。現状で問題になるのは、乗れる人数が少人数であることです。送迎用として使うならば、ある程度の規模の団体を輸送できるようにすることが不可欠です。

ですが、軍用機では20から30人の人を乗せることが可能です。飛行中の快適度に難があるかもしれませんが、それを解決できれば大きな躍進となります。地上だけではなく空にも交通網が張り巡らされると、様々な活動が一気に加速します。移動時間というのは昔から悩ましい問題でしたが、現代ではそれが解決しつつあります。

モービルマッピングのことならこちら

Filed under: IT・通信関連, モービルマッピング, 通信Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website